「園長からのおたより」&「なでしこニュース」

一人ひとりの子どもの成長を助ける仲間と集団の力

親子遠足で里山公園に行きました。


下の広場まで移動中。

 5月の親子遠足には、たくさんの保護者の方のご参加、ありがとうございました。親子ふれあい遊びの時の子どもたちは、とびっきりの笑顔で、ほんとうにいい顔をしていましたね。どの子もパパやママと一緒に過ごす時間が、ほんとうにうれしいのだなあと思います。そしてパパやママの笑顔もとてもすてきでしたよ!
 仕事に子育てに家事にと、めまぐるしく過ぎていく毎日だと思いますが、たまにはほっと一息つける時間・親子でのんびり過ごす時間も大切に、心や体を休めて、また明日に向かう力を蓄えてくださいね。
 春から初夏へと向かう季節、朝から暑い日もありますが、子どもたちは元気いっぱい!
 保育園では、お天気のよい日には、どのクラスもどんどんお散歩に出かけています。春の自然の中を歩いて、花を摘んだり虫をみつけたり、電車をみたり・・・。葉っぱや石ころなどのおみやげを届けにきてくれる子もいます。この前はおひさまぐみの女の子に、ちいさなちいさな石の粒をもらいました。ほんとうに小さなまんまるの白っぽい石と、平べったい黒い石です。こんなに小さな石をみつける子どもの目ってすごいなあ。そして大事に持ち帰って届けてくれる気持ちをうれしく思います。事務仕事の苦手な私はさっそくその二つの石をパソコンのマウスを入れる小さな袋にしまい、計算と書類を間違えずに出来るお守りにしました。なんだかほんとうに効き目がありそうな気がしてくるから不思議です。
お散歩車に慣れてきたことりぐみさん。公園でいっぱい遊べるようになったたんぽぽぐみさん。はじめは誘導ロープにつかまっていたちゅうりっぷぐみさんは、おともだちと手をつないで歩けるようになり、時には幼児クラスのおともだちと手をつないで、一緒に行くこともあります。にじぐみさんは、幼児クラスになって、遠くまでお散歩にでかけることも増えました。そらぐみさんやおひさまぐみさんもだいぶ長い距離を歩けるようになりました。疲れて歩きたくない時もあるけれど、みんなで励ましあいながら、最後まで頑張ります。小さいクラスと一緒の時は、泣いてなんかいられません。
 自分一人の時とは違い、相手がいると、自分勝手なことばかりはできません。自分ばかりが早く歩いてしまえば、小さいおともだちは引っ張られてしまいます。そういう力加減は頭で考えるだけではわからず、実際に体験してみて初めてわかることです。小さい子は、大きい子に助けられているようで、実は大きい子の成長を助けています。自分と同じ年齢のお友だちだけでなく、自分より小さい子や大きい子がいて、異年齢の中で育ちあえるのが、保育園のよいところだと思います。
 少し前のお昼寝前の時間、こんな場面がありました。
先生におばけの絵本を読んでもらっているそらぐみさんの中に、おばけがこわくて今にも泣き出しそうな子が一人。「だいじょうぶだよ。」とでも言うようにその子の肩を抱いていたのは、以前交通安全教室の着ぐるみのモンタくんを見て泣いていた子でした。きっと自分もこわがりだったから、そういう子の気持ちがわかるのでしょう。そして友だちに何かしてあげることで、自分が誰かの役にたてたという自信にもなるでしょう。おとなしい中に芯の強さをみたり、わんぱくな中にやさしい一面を発見したり、きらっと輝く子どもたちの姿に出会う時、一人ひとりの子どもの心の成長を感じます。元気いっぱいで何事にも積極的な子もいれば、おとなしくて引っ込み思案の子もいます。親はどちらであっても心配。でも短所と思えば短所ですが、長所だと思えば長所です。一つの保育園だけをみてもいろいろな子がいるし、一人の子どもの中にもいろいろな面があります。人は一人ひとりみんな違っていて、みんな違う物差しを持っている。一人ひとりの違いを認め合い、歩み寄ろうとする気持ちを、まず大人が持つことが必要なのかもしれません。たくさんの人の中で育つことで、自分とは違う思いの人がいることも知り、お互いを認め合い、補いあえる集団、一人じゃないから頑張れる集団の力を育てていきたいと思います。

椎野 由美

2012-05-31 17:25:20
ウサギさんが来ました!

どんな名前になるかな?

ご存じの方もいるかと思いますが、5月の連休明けに保育園にウサギがやってきました。
 この春に生まれた、まだ赤ちゃんの茶色いウサギです。まだ小さいので、はじめはウサギのカゴを事務室に置いていたのですが、すぐに子どもたちに見つかってしまいました。
「あっ!うさぎがいる!」と見つけた時のうれしそうな顔!今は事務室の前にいるので子どもたちには通るたびに「うさぎさん、おやすみ。」「うさぎさん、おはよう!」などと声をかけています。
 早く名前を、と思いながらも日々のいろいろに追われて遅くなってしまいました。
 その間におひさま組の子どもたちは、自分たちがお世話する気満々で、みんなで名前を考えてくれていました。「なでしこ保育園のうさぎだから、小さいおともだちにも聞いて、みんなで名前をつけたらどうか。」との先生の提案で、おひさまさんが考えた名前の中からみんなに選んでもらおうということになりました。

 ♪ぴょんちゃん
 ♪はーとちゃん
 ♪おはなちゃん
 ♪りみこちゃん
 ♪まりーちゃん
 ♪うさくん
 ♪くろーばーちゃん
 ♪みみこちゃん
 ♪しおんちゃん
 ♪ぴょんこちゃん
 ♪みぃーちゃん

 この中から好きな名前を投票してもらって決めたいと思います。男の子か女の子かはまだ小さくてわからないのですが、さてどんな名前になるでしょうか?

2012-05-29 17:02:59
親子遠足に行ってきました!2

ヨーデルねぇ~♪


オセロでポン!どちらが多く、ひっくり返せるかな?

 幼児クラスのみんなは、ふれあい体操の後「オセロでポン」ゲームをして遊びました。
 おひさま組VS保護者
 そら組VS保護者
 にじ組親子VSにじ組親子 などなど、白熱した戦いが繰り広げられました。
 「やったー!」の歓声が多く聞かれたゲームでした。
 保護者の皆様、お忙しい中、ご協力ありがとうございました。

 解散の後はみんな滑り台で遊んだのかな?
おひさま組はこの日のために滑り台用の段ボールを作って、楽しみにしていましたヨ。

2012-05-24 18:05:39
親子遠足に行ってきました!1

みんなでふれあい体操♪


パネルシアター♪さんぽをみんなで見ながら歌います。

5月19日(土)
 親子遠足で里山公園へ行ってきました。
 乳児クラスは、ふれあい体操「ひっつきもっつき」「ヨーデルねぇ~」のあと、みんなでパネルシアター♪さんぽを見ました。
 良く晴れた青空の下、みんなで楽しく過ごすことができました。
 保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。
2012-05-24 17:22:43
野菜の苗植え&空豆の皮むき

おおきくなってね!


空豆の皮を真剣にむいています。

 夏野菜のトマト・なす・オクラを、そら&おひさま組で植えました。これからみんなでお世話して、夏になったら収穫したいと思っています。
 保育園のみんなが食べられるくらい収穫できるかな?

 おやつに出る空豆の皮むきを、幼児クラスのお友だちがしてくれています。いままで、にじ組、そら組がしてくれました。そしておひさま組は2回目の皮むきです。
 みんな“おいしい”って食べてくれるかな?


2012-05-17 15:27:49