「園長からのおたより」&「なでしこニュース」

おひさま組 遠足に行ってきました!

ひよことハムスターをお手々にのせて…「落とさないよう、優しくね」「お手々はおわんだよ」


相模線の電車の前でパチリ!

11月12日(火)

おひさま組で、平塚の総合公園へ遠足に行ってきました。
香川駅まで歩いていって、相模線、東海道線を乗り継ぎ、平塚駅からバスに乗っていきました。

早くに着いたので、やまびこの樹で一遊び。みんなどんどん高い所まで登っていきました。
その後ふれあい広場の説明を聞き、動物園に。
うさぎやモルモット、ひよこやハムスターにえさをあげたり、抱っこをしたり…大きな鳥や羊やヤギも見て楽しみました。

アスレチックで遊んだ後は、楽しみにしていたおべんとうタイム!
「見て見てこのおべんとう!」「おいしそうでしょ!」ととっても嬉しそうに食べていました。
おやつ交換をして遊んでいると小雨がパラパラッ…
でも雨宿りをしているとすぐに止んだので、もう一度アスレチックで遊びました。

予期せぬ雨でびっくりしたけれど、たくさん遊べて、楽しい遠足だったね。

保護者の皆様、朝早くからのおべんとう作りのご協力、ありがとうございました。
2013-12-02 10:36:31
そら組 遠足に行きました!

コミュニティバスの中のようす


みんなですべりだい。「長くて楽し~い!」

11月6日(水)

そら組のみんなでコミュニティバスに乗って、里山公園まで遠足に行きました。

滑り台をすべったり、雲のトランポリンで遊んだり、アスレチックをしたり、里山公園の中を探検したりと盛りだくさん!
いっぱい遊んで、遠足を楽しみました。

おべんとうタイムにはそれぞれのおべんとうを見せ合いっこしながら、嬉しそうに食べていました。

保護者の皆さま、朝早くからのおべんとう作りのご協力ありがとうございました。
2013-12-02 09:57:27
ちゅうりっぷ組 遠足に行きました!

「元気で大きくなりますように…」真剣な表情でお参りするちゅうりっぷちゃんたち。


広い場所で元気いっぱい駆け回りました。

11月1日(金)

ちゅうりっぷ組で遠足に行きました。

運動会前から楽しみにしていた遠足!
事前練習でリュックにぬいぐるみを入れてお散歩したり、長い距離を歩けるようにおひさま組やそら組とお散歩に行ったりしました。

当日はピカピカのいい天気!
お弁当やお菓子、水筒まで入った重いリュックもなんのその。
浄見寺までの道のりをがんばって歩ききりました。

浄見寺では、まずお参りをしてから、風船で遊んだり、ブランコに乗ったり、高い滑り台に挑戦したりして遊びました。
その後はお待ちかねのおべんとう!みんなニコニコ笑顔で食べていました。

保護者の皆さま、朝早くからのおべんとう作りのご協力、ありがとうございました。
2013-11-29 12:15:38
たくさん遊んで、子どもたちに生きる力を育てよう!

たんぽぽちゃんたちの楽しそうな声が聞こえてきそう・・・


「これどうやるのかな~?」「こうやってやるんだよ。」

 うんどう会も終わり秋も深まって少し寒さも感じる頃となりました。
ここのところ次から次へと台風がきますが、雨の日は外で遊べないので少し物足りなさそうな子どもたち。みんな外遊びやお散歩が大好きです。
 10月の内科検診の後、園医の大木先生より「体幹筋力がしっかりしている子が多い。特におひさまぐみの子たちは、3年間診てきてしっかりしてきたなと感じる。」というお話がありました。
体幹筋力がしっかりしていると、姿勢がよくなり、将来運動機能がよくなるそうです。
外でいっぱい遊ぶことで体幹筋力もつき、脳への影響もあるとのこと。
保育園の子は外遊びをたくさんするので、幼稚園の子より体幹筋力がしっかりしている傾向にあるそうです。
 昔に比べて子どもたちの遊びが減り、遊びのかわりに小さい頃から特定のスポーツをする子どもたちが増えています。東京でのオリンピック開催も決まり、ますます過熱する傾向になるのではないかという危惧もありますが、特定のスポーツ等ではなくいろいろなことをすることで、身体の様々な部分を使い筋力もついてきます。
 特に幼児期は、たくさん遊ぶことで体力がつき、人間関係(人とのかかわり方)やルールを覚え、生きていくために必要な様々な力を獲得していきます。
時代が違うと言われてしまうかもしれませんが、大木先生も中学生ぐらいまでは何も勉強せず、ただただ遊んでいたそうです。
「開園当初は集団生活も初めてで長い距離を歩くのがたいへんだった子どもたちも、お散歩を重ねていくうちにずいぶん歩く力がついてきたんですよ。」とお話すると、「歩くことは子どもから大人まで全ての人にとって大切なこと。たくさん歩いて、しっかり食べて、よく笑う人は健康!」とおっしゃっていました。
 私が日頃考えていたことに共感していただけてつい話がはずんでしまい、改めて保育園の役割も感じました。
帰りがけにバケツをぼうしにして頭にかぶっている2歳児を見て、「やらされるのではなく、ああやって自分で好きな遊びをみつけて、いろんな遊びをするのがいいですね。ぜひいっぱい遊ぶ保育園のやり方を貫いてください。」といわれました。
 今年のおいもほりでは、一人ずつおいもを持って歩こうと思います。
お買い物も車で行くことが多い現代の生活では、重い荷物を持つ経験も少なくなっています。お休みの日など時間のある時には、おうちでもゆっくりお話でもしながら歩いておつかいに行き、荷物を持つのを手伝ってもらったらどうでしょう。腕の力や最後までがんばる力が育ち、頼りにされている自信にもなると思います。
 遠足は、保育園から離れて少し遠くにでかける程度ですが、子どもたちはとても楽しみにしています。
幼児クラスの子どもたちは、バスや電車にも乗ります。
おべんとうやおやつをリュックサックにつめていくのもうれしいのでしょう。忙しい朝ですが、お弁当のご用意をよろしくお願い致します。子どもたちはおうちの方が自分のために作ってくれることがうれしいので、くれぐれも無理をしすぎないでくださいね。
                                        椎野 由美

2013-11-13 12:27:57
ハロウィン集会をしました。

ちゅうりっぷ組はジャック・オ・ランタンのお面、そら組はUFOの時の飾りと黒いマントで変身。


にじ組は折紙で折ったバッヂ、おひさま組は自分で作った帽子をかぶって。

10月31日(木)

ちゅうりっぷ、にじ、そら、おひさま組でハロウィン集会をしました。
各クラス、それぞれの衣装に着替えて参加しました。

担任の先生も、それぞれ仮装して子どもたちの前に登場!
どんな仮装だったのかは…?子どもたちに聞いてみて下さいね。

この日はみんなラムネを持ち帰りました。
2013-11-12 17:58:58