「園長からのおたより」&「なでしこニュース」

運動会のご協力、ありがとうございました。

組み立て体操の見せ場のシーン。


3段ピラミッド大成功!

10月5日(土)

あいにくの雨模様でしたが、第3回湘南なでしこ保育園の運動会を行うことができました。

香川小学校の体育館は、子どもたちの元気な声であふれました。

ことり組は、かわいいあかちゃんまんに変身しました。
たんぽぽ組は、ジャングル散歩をした後にエビカニクスのダンス♪
ちゅうりっぷ組はトトロのダンスを踊って、かけっこ、ドングリ運びレースもしました。
間にあった、そら・おひさま組による組み立て体操もかっこよかったね!

にじ組はマントをつけて踊り、親子競技ではかわいいお猿に変身しました。
そら組は「UFO」で可愛らしい宇宙人に変身し、親子競技の綱引きは盛り上がりましたね!
おひさま組はみんなの息がぴったりと合った「ソイヤー」を踊って見せてくれました。親子競技はみんなの笑顔が印象的でした。
幼児クラスたてわりで行ったリレー、白熱しましたね!

保護者の皆さま、応援に来てくれた方々のおかげで、とても楽しい運動会を過ごすことができました。
ご参加、ご協力、本当にありがとうございました。

2013-11-06 10:52:54
幼児集会のようす

ジャンプでとどくかな?


勢いをつけて「えーいっ!」って投げると入るんだよ!

10月1日(火)

幼児集会でミニ運動会を行いました。
今年の運動会の競技には入っていない“玉入れ”をにじ、そら、おひさま、各クラスで行いました。

みんな「どうやるのかな?」「あそこのカゴに入れるんだよ」と相談しながら、赤白のチームに分かれて対抗戦を行いました。
おひさま組の時にはカゴを持つ先生が椅子の上に乗り、カゴの位置はさらに高く!それでも、ピョンピョン跳びはねながら上手に入れていました。
2013-11-05 14:09:58
うんどう会には、子どもたちへのあたたかいまなざしと声援を!

ことりちゃんもたんぽぽちゃんも、太鼓の振動を感じて・・・


ちゅうりっぷ組みんなで囲めるほどの大きな太鼓!

 朝夕はだいぶ涼しくなり、秋の風が心地よい季節となりました。
保育園では“食欲の秋”“芸術の秋”“スポーツの秋”にふさわしく、カレーづくり・観劇会・お散歩にうんどう会の練習ともりだくさんの9月でした。
 先日は保護者会主催のおたのしみ会で、子どもから大人までみんなで楽しめるおばんばやしさんの公演を子どもたちに届けてくださいまして、ほんとうにありがとうございました。とても楽しそうな子どもたちの笑顔が印象的で、子どもも大人も質のよい文化に触れてたくさん笑い、たくさん感じることが大事だなあと思いました。
 こうして毎日いろいろな経験をしながら、いよいようんどう会の日が近づいてきました。
うんどう会の各クラスの種目は、それぞれの担任がクラスの子どもたちの発達段階や興味関心にあわせて考えたアイディアがいっぱいつまったものです。時には担任自身の興味・関心がかなりの部分を占めているということもありますが、担任自らがとても楽しんでとりくんでいるので、そんな気持ちが子どもたちにも伝わるのか、子どもたちもとても楽しそうにやっています。
 ただその時に全体をひとくくりに見るのではなく、あまり気の進まない子や無理をしすぎている子がいないかどうか、一人ひとりが心から楽しんでいるか等、表情や様子をよく見ていかなければいけません。うんどう会が近くなると、こちらもつい熱が入りすぎてしまうことがありますが、日常の保育を大事にしながらとりくんでいきたいと思っています。
 9月に行った私たち職員の研修会に講師としてお迎えした臨床心理士の滝口俊子先生は、保育の一番の中核は、子どもたちに「生きるって楽しいよ」ということを伝えることだとおっしゃいました。
年長組ともなると、半年後の就学に向けて私たち保育者も、きっと保護者の方々も「小学校に行って困らないように」というあせりが出てきます。でも、小学校のために今があるのではなく、幼児期のために今がある。のびていくのは子どもであり、保育者は子どもののびゆく力を信じて見守ること。のびていく芽をつまないようにするのがよい保育者だと滝口先生は語られました。
 もちろん私たちは6年間でこれだけの力をつけて小学校へ送り出したいという保育の目標を持って、日々の保育に臨んでいます。でもそれは表面的に何かが出来るようになるということだけではなく、「人間っていいな」と思える人への信頼であり、それが大人になった時に生きる力につながっていくのだということを、改めて考えさせてくれました。
 どうか保護者の皆様も、きちんと出来るということばかりにとらわれず、子どもが心から楽しんでいるか、自分をだして生き生きとしているか、うんどう会もそんな視点でみていただけたら幸いです。
当日は、子どもが主役の楽しいうんどう会になりますよう、子どもたちへのあたたかいまなざしと声援をよろしくお願い致します。
またおやこ競技への参加のご協力を重ねてお願い致します。特におひさまぐみのおやこ競技は大人の腕でつなぐ長い橋を子どもたちが渡っていき、帰りはだっこで渡していく競技です。年長児になりだっこをする回数も減ってきたと思いますが、大きくなってもだっこはうれしいもの。自分のパパやママだけではなくたくさんのパパやママにだっこされることで、みんなから愛情をわけてもらえる子どもたちは、きっといい子に育ちます。どの子もみ~んなかわいいわが子だと思って、ぎゅ~っとだっこしてあげてくださいね!
うんどう会当日の子どもたちのうれしそうな笑顔が、今から目にうかびます。
                                        椎野 由美

2013-10-01 13:35:46
おばん囃子さんの公演がありました。

2人の“まねっこ”かけあい、おもしろかったね!


おひさま組から感謝のプレゼント。

9月24日(火)

保護者会からのお楽しみのプレゼント、おばん囃子さんの公演がありました。
歌あり、パネルシアターあり、パペットありの楽しい会でした。

おばん囃子の皆さん、保護者会の皆さん、楽しい時間をありがとうございました。

2013-10-01 11:34:25
保育園に大きな太鼓がやってきた!

頭に角をつけてもらった、ちいさなかみなりさんたち。


「ほんものの太鼓って、とっても大きな音がするんだね!」

9月11日(水)

太鼓と芝居のたまっ子座の公演がありました。
太鼓を使った様々なお芝居に、子どもたちの目は釘付け!
大きな太鼓の登場には「おーっ!」の大歓声。
「叩いてみたい人~?」の声にみんな手を挙げ「ハイハイ!」
みんなの前に出るのはちょっと緊張したけれど、上手に太鼓を叩いていました。
出られなかった子は「いいな~」ととってもうらやましそうにしていたけれど、最後にはみんなが大きな太鼓を叩いたり、振動を感じたりすることが出来ました。

たまっ子座さん、楽しい公演をありがとうございました。
2013-10-01 11:27:21